福岡県福岡市:海の中道

海の中道 福岡県

海の中道(うみのなかみち)は、福岡県福岡市東区にある、志賀島と九州本土とを繋ぐ陸繋砂州である。全長約8 km、最大幅約2.5 kmの巨大な砂州で、この砂州の北は玄界灘、南は博多湾となっている。うみなかとも略称される。福岡市内のリゾート地域として多くの施設を抱える。デートに最適なパワースポットです。

海を間近に感じられ、心も体も癒される絶景のパワースポットです。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

金印公園

金印公園

国宝に指定された金印が発見されたと語り継がれる場所が金印公園です。駐車場もあるためドライブで気軽に立ち寄ることができます。海沿いの高台に佇む公園のため、景色を楽しめるデートスポットです。

二見岩

季節によってはウミドリが集まり、バードウォッチングの名所となっている二見岩。志賀島のドライブコースから眺めることができます。浦島太郎と乙姫が出会った場所という伝説も残っています。

志賀海神社

志賀海神社

志賀海神社(しかうみじんじゃ)は、福岡県福岡市東区志賀島の南側に位置する神社。龍の都とも呼ばれ、伊邪那岐命の禊祓によって出生した底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)・仲津綿津見神(なかつわたつみのかみ)・表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)の三柱(綿津見三神)を祀る。

全国の綿津見神社の総本宮(海神の総本社)であり、4月と11月の例祭において「君が代」の神楽が奉納される全国的にも珍しい神社である。代々阿曇氏が祭祀を司る。海上守護、交通安全、災厄祓除などのご利益があるとされています。

アクセス

住所    福岡県福岡市東区

タイトルとURLをコピーしました