【沖縄】通り池|パワースポット 通り池

通り池 沖縄県

通り池(とおりいけ)は、沖縄県宮古島市の下地島の西岸にある池。大小2つの円形の池で、海側(南側)の池が直径75メートル、水深50メートル、陸側(北側)の池が直径55メートル、水深40メートルである。地上からは2つの池が並んでいるように見えるが、これらは地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴で海とも通じている。

この池は海とつながっているために潮の干満につれて水面が上下し、サーモクラインによって色が変化して見える。また、深度によって塩分濃度や水温に差があるため、多種多様な魚介類が分布しており、サーモクラインによる神秘的な景観とも相まって、絶好のダイビングスポットとなっている。

普段よりたくさん歩くパワースポット巡りには、快適で疲れない高機能なスニーカーがオススメ!

☆パワースポット巡りにオススメするスニーカーがこちらです☆

通り池のパワースポット・見どころ

通り池には次のような伝説が伝えられている。

昔、この付近の木泊村には2軒の家があった。そのうちの1軒に住む漁師がユナイタマ(ジュゴン)を捕らえ、半身を切って隣家にも分けた。ユナイタマが海に助けを求めると、大波が3度押し寄せてユナイタマを運び去り、波が引いた後には、2軒の家があったところがぽっかりと池になっていた。

また、昔、下地島に住んでいた漁師が妻に先立たれ、残った子を育てるために後妻を迎えた。三人は仲良く暮らしたが、やがて自分の子が生まれると、後妻は先妻との間の継子を疎ましく思うようになった。ある日、男が漁に出かけると、継母は二人の子供を通り池に連れ出し、継子の兄を滑りやすいつるつるとした岩場に、実子の弟をごつごつとした岩場に寝かせた。

継母は夜中につるつるとした岩場に寝ていた子を通り池に突き落とすと、残った子を背負って一目散に家へと走り出した。すると、兄弟がいないことに気づいた背中の子は、継母にこうたずねた。「弟はどうしたの?」優しい兄は、岩がごつごつして眠れないという弟と場所を変わってやっていたのだが、継母はそれを知らずに自分の実子を池に突き落としたのだった。間違って我が子を殺したことに気づいた継母は、自分も通り池に飛び込んで命を絶ったという。

これは、海側の池にまつわる話で、現在でも池のそばには「ママ子台」と呼ばれる岩場が残っている。

通り池のご利益

子宝祈願・恋愛成就・夫婦円満 など

通り池 ダイビング

通り池は海底の洞窟を通じて海ともつながっています。通り池をみていると、人が現れることがあります。事実を知らない方は唖然としますが、実は海と池は洞窟でつながっており、ダイバーの方達が洞窟を通じて通り池まできているのです。

Info

参考URL 宮古島の通り池|緑が美しい遊歩道を散歩して神秘の池
アクセス 佐良浜港から車で20分
拝観時間 9時00分~16時00分
拝観料 無料
住所 〒906-0507 沖縄県宮古島市伊良部佐和田
一覧 沖縄県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

類似のパワースポット

東京都葛飾区:怪無池

怪無池

怪無池は東京都葛飾区にある池。京成高砂駅近くに位置する。雨乞いの神事が行われるなど、水を司るパワースポットである。

怪無池の詳細はこちら

山口県美祢市:別府弁天池

別府弁天池は、山口県の秋吉台近くにある湧き水。透き通ったブルーの水が不思議なほどの美しさを見せる。カルスト地形特有の湧き水。

摂氏14度の透明度の高い水で、環境庁より、昭和60年7月20日、日本名水百選に選定され、灌漑や養鱒にも利用されている。

別府弁天池の詳細はこちら

北海道斜里郡:神の子池

透明度日本一を誇る摩周湖の伏流水ともいわれる、神の子池。摩周湖からの湧き水で出来たこの池は、オショロコマ(エゾイワナ)も肉眼で見る事ができ、エメラルドグリーンに輝くとても綺麗な場所です。そのコバルトブルーに輝く澄んだ水には癒やしの力があるとされ、パワースポットとしても人気です。

神の子池の詳細はこちら

岐阜県関市:モネの池

モネの池

モネの池(根道神社)は岐阜県関市の根道神社参道脇にある貯水池。非常に透明度が高く、まるでモネの絵のような世界が見られることから、モネの池と通称されている。深さは約1m、全長約40mほどあり、鯉が泳いでいる。

モネの池の詳細はこちら

千葉県東金市:雄蛇ヶ池

雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)とは、千葉県東金市にある人工池である。元々は江戸時代干害対策として周辺の村を救う為に作られたものである。

雄蛇ヶ池の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました