【沖縄】玉陵|パワースポット 玉陵

沖縄県

玉陵(たまうどぅん、玉御殿または霊御殿とも)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。

そもそもは第3代尚真王(在位1477年 – 1526年)が父、尚円王を葬るために建築したものである。世界遺産のひとつで沖縄県最大の破風墓。なお「玉陵」と名付く墓所はほかに「伊是名玉陵」、「山川の玉陵」がある。

キュアアミド

玉陵のパワースポット・見どころ

獅子の像

玉陵には獅子の像がありこれは本土の狛犬ともシーサーとも違うものです。一匹は子供をあやして遊んでいる珍しい姿をしています。玉陵と言う死の世界で、再生への渇望を表したとされています。

玉陵の碑文

強い権力を振るった尚真王の母オギヤカは、「玉陵の碑文」に玉陵に埋葬されるべき王族を明記しました。碑文の最後には「この書付に背く人がいたら祟る」と言う趣旨のことが書いてあります。

玉陵のご利益

開運招福

Info

参考URL 玉陵|那覇市公式ホームページ
時間 9時00分~18時00分
住所 〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
一覧 沖縄県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました