沖縄県石垣市:川平湾

川平湾 沖縄県

川平湾(かびらわん)は、沖縄県石垣市の石垣島北西部にある湾である。1997年9月11日に「川平湾及び於茂登岳」として国の名勝に指定されている。2007年8月1日に西表国立公園が拡張され西表石垣国立公園となった際に、指定地域に編入されている。

湾内の海は、光の加減や潮の満ち引きにより刻々とその色を変え、石垣島を代表する景勝地と評される。湾口をふさぐように横たわる小島(くじま)をはじめとする小さな島が湾内に点在し、海中には数多くの種類の造礁サンゴが群落を形成している。

湾内のサンゴ礁の景観は観光用のグラスボートから鑑賞することができる。潮流が強いため遊泳は禁止されている。恋愛運アップにご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

石垣島

石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する島である。沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。無病息災や子宝祈願にご利益があるとされています。

宮良川河口のマングローブは、国内最大の面積をもつ。西部の名蔵アンパルは2005年にラムサール条約に基づいて保護すべき貴重な湿地に登録された。

海岸では珊瑚礁の発達がよく、特に南西側は西表にまで広がる、いわゆる石西礁湖に面する。東南側の白保のさんご礁は開発がらみで有名になっているが、北部の川平湾も、流れが急で多様なサンゴがみられることで有名である。

アクセス

バスターミナルからバスで40分
住所    沖縄県石垣市字川平

沖縄のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました