宮崎県西臼杵郡:高千穂峡

宮崎県

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷である。五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)として、国の名勝、天然記念物に指定されている。開運にご利益があるとされています。

峡谷は貸しボートで遊覧できるようになっており、峡谷に流れ落ちる日本の滝百選の一つである「真名井の滝」の至近まで近づくことが出来る。

天孫降臨の舞台として知られ、天岩戸神社、天安河原、高千穂神社などのパワースポットがひしめく。坂本龍馬が新婚旅行に訪れたという霧島温泉、威容を誇る高森殿の杉もほど近い。

天岩戸神社

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町にある神社である。岩戸川を挟んで東本宮と西本宮がある。

西本宮の旧称は「天磐戸神社」、東本宮は「氏社」であったが、明治4年(1871年)にそれぞれ「天岩戸神社」、「氏神社」と改称し、昭和45年に合併、現在のごとく天岩戸神社東西両本宮を称すようになった。

東本宮は天照大御神が身を隠した天岩戸(洞窟)を祀り、西本宮は大日霊尊(おおひるめのみこと)を祀る。主に天岩戸神社と呼ばれているのは西本宮で、御神体は拝殿の対岸にある天岩戸であるため、西本宮に本殿はない。天岩戸は神域のため、立ち入ることはできない。

拝殿から徒歩10分ほどのところに、スピリチュアルスポットとして有名な「天安河原」がある。諸願成就などにご利益があるとされています。

高千穂神社

高千穂神社(たかちほじんじゃ)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町にある神社である.主祭神は一之御殿(いちのごてん)の高千穂皇神(たかちほすめがみ)と二之御殿の十社大明神。夫婦円満、友情、家内安全、子孫繁栄などのご利益があるとされています。

高千穂皇神は皇祖神とその配偶神の総称で、十社大明神は神武天皇の皇兄、三毛入野命(みけぬのみこと)とその妻子神9柱の総称とされる。

古来「十社大明神」や「十社宮」などと称されて来たが、明治4年(1871年)に「三田井神社」と改称、更に同28年(1895年)高千穂神社に改称した。

高千穂は日向三代の宮である高千穂宮が置かれた地と伝えられるが、天孫降臨伝承と在地固有の信仰が融合し、更に熊野修験も加わるなど複雑な信仰を包含する。また、古来より当神社の春祭りに対して槵触神社では秋祭りを行うなど、同神社とは密接な関係を持つものでもあった。

真名井の滝

真名井の滝(まないのたき)は宮崎県高千穂町の滝。日本百選に選ばれている名瀑。高千穂峡の柱状節理の間に、落差17メートルで五ヶ瀬川に流れ落ちる景観がもっとも有名。浄化、健康運、美容、恋愛運などのご利益があるとされています。

アクセス

高千穂バスセンターから車で10分
高千穂バスセンターから徒歩で30分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました