【宮崎】霧島東神社|龍神伝説のある強力パワースポット 霧島東神社

霧島東神社 宮崎県

霧島東神社は、宮崎県西諸県郡高原町の神社。高千穂峰への中腹、標高500メートルの高台に鎮座する。夫婦円満、子宝などのご利益があるとされています。

創建は第10代崇神天皇の代、と言われ、ニニギノミコトが天孫降臨された際に、初めて祖先の神々を祀ったところと伝えられている。

霧島東神社の東南には約4.600年前におこった噴火の火口に地下水が溜まって出来た御池(みいけ)がある。直径約1km周囲3.9kmのほぼ円形。性空上人(しょうくうしょうにん)がこの池のほとりで修業をしている際に、九頭の神龍が現れ宝珠を渡したという。また神武天皇が幼少の頃、皇子港の水辺で遊んだという伝説も残る。

鳥居の右手にある「忍穂井」は神龍の泉と言われ、霊泉として効験あらたかと伝えられるが、女性は覗き込んではいけない。

享保12年(1722年)に造営された拝殿は奥の向拝柱に雌雄一対の龍柱が掘られており見逃せない。拝殿、本殿の横にあるサカキは朽ちた切株から新しく芽が出て再生しようとしている。

キュアアミド

霧島東神社のパワースポット・見どころ

霧島東神社は霧島六社権現の一つで、火口湖の中で最も大きい御池を見下ろす場所にある有名なパワースポットの一つで、天孫降臨された瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が最初に先祖を祀った神社です。

宮城県と鹿児島県の県境にある霧島山の周りに点在する霧島六社権現は、10世紀頃山岳信の仰対象であった霧島連山、で修験道の修行をしていた性空によって整備されました。

天之逆鉾

高千穂峰に立つ天之逆鉾は霧島東神社のご神宝とされ、山頂は霧島東神社の飛び地境内です。神話の時代天孫降臨された瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は国家の安定を願い二度と矛が振るわれないよう逆さに突き立てたと言われる逆鉾は、噴火で大部分は失われ現在はレプリカが置かれていますが、地中にはその柄が残されています。

霊峰高千穂峰が持つ清浄な空気と逆鉾のエネルギーは、山を抜け本殿へ流れ込んで、そのまま参道を駆け抜け一番端にある鳥居まで届きます。鳥居をくぐるだけで浄化され厄払いされたような気持ちになります。

大鳥居

霧島東神社はそもそも高千穂峰の中腹に鎮座しているので、大鳥居前の駐車場までも結構山を登ります。そこから見る大鳥居は別世界への入り口のようにも思えるうっそうとした鎮守の森へと続いています。

忍穂井(おしほい)

鳥居を潜るとすぐに九頭龍神の安息地として伝えられている神龍の泉、忍穂井(おしほい)があります。祠の中は霊水の泉がわいています。

龍神様が安息する霊水

古から霊水として本当に大切にされてきた水で、水を汲みに来ていらっしゃる方もいらっしゃいます。社にはこう書かれています。(御池と陰陽の対をなす霊泉とされる。再拝の念を以って汲み出だしたる神水は、些かも不敬の扱いあるべからす)ここは龍神様が安息できちゃうくらいの霊水なのです。

御池(みいけ)

境内から見下ろす御池(みいけ)は、約4600年前の噴火で火口に地下水が溜まって出来た直径が約1キロのほぼ円形の火口湖で、その昔霧島六所権現を整備した性空がこの池のほとりで修業をしている時、九頭の神龍が現れ宝珠を渡したという言い伝えられています。他にも神武天皇が幼少時に皇子港の水辺で遊んだという伝説も残っています。

杉の木

深く厳かな森の石段参道を上がっていくと、神門の前に一対のご神木があります。かなり樹齢があると思われる杉の木には注連縄が飾られ、そこまで行くと拝殿までは一望する事が出来ます。ここで反対を向くとここでも眼下に御池見をることができます。また神社には祓戸大神の拝所があり、そこは結界がはられています。

しめ縄の杉を抜けるといよいよ神気が満ちる本殿への石畳が現れます。入るとすぐに六所権現ではここにしか祀られていない、導きの神猿田彦命の社があり、参拝する人を主祭神、伊邪那岐尊と伊邪那美尊へ誘ってくれます。

御神徳

霧島東神社の御祭神

伊邪那岐尊(イザナギノミコト)
伊邪那美尊(イザナミノミコト)

宮崎県にある霧島東神社の御祭神は、伊邪那岐尊(イザナギノミコト)、伊邪那美尊(イザナミノミコト)となっています。どちらも日本における神話で有名な神様たちで、国生みと神生みを行ったと言われています。

そのほかにも、天照大神(アマテラスオオミカミ)や瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)などをはじめとした沢山の神様を配祀されているパワースポットとなっていることが特徴で、色々なご利益が得られる場所としても見どころのあるスポットとなっています。

霧島東神社のご利益

招福・開運・商売繁昌・豊作大漁・出世開運・厄除け・無病息災・病気平癒・延命寿命・縁結び・夫婦円満・安産・子育・家内安全 など

霧島東神社のご利益はそのほかにも、商売繁昌や出世開運といった運勢を高めてくれるものから、厄除けや無病息災といったあらゆる災いを遠ざけてくれるものまであります。御祭神のご利益が有名であることから夫婦やカップルなどを多く見かけるスポットでもあります。

龍神伝説

宮城県の霧島東神社がある高千穂峰は火山であることから、長い歴史の間に何度か周辺の地形に変化が起きています。御池もそのひとつで、約5000年前に起きたとされている噴火により、霧島東神社の近くに円形の火口湖が出来たとされています。

しかしこの御池には古くから言い伝えが残っている場所でもあります。それは霧島山岳信仰の始まりとされる性空上人という人がこの御池で修業をしていた際に、「九頭の神龍が現れ、宝珠を渡した」というもので、龍神と深いかかわりのある場所です。

Info

参考URL 霧島東神社 | 高原町観光協会
アクセス ◼︎JR吉都線高原駅から直線約5.24km 徒歩約2時間5分車で約26分◼︎JR吉都線広原駅から直線約7.64km 徒歩約3時間3分車で約38分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田6437
一覧 宮崎県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました