大分県宇佐市:宇佐神宮

大分県

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社である。全国四万四千社と称する八幡宮の総本社である。正式名は宇佐神宮だが、宇佐八幡あるいは宇佐八幡宮とも通称される。

主祭神は応神天皇(一之御殿)、比売大神(ひめのおおかみ/二之御殿)、神功皇后(三之御殿)の三柱で、八幡三神と呼ばれる。

このほか、境内には仁徳天皇以下五柱の通称「若宮五神」を祭る若宮神社、応神天皇の子神を祭る春宮神社、大山積尊を祭る亀山神社、境内の菱形池を守る水分(みくまり)神社、菅原道真を祭る天満神社、素戔嗚尊を祭る八坂神社、武内宿禰を祭る黒男神社、和気清麻呂を祭る護皇神社、初代大宮司・大神比義を祭る大神祖神社、かつて東征中の神武天皇をこの地でもてなしたとされる菟沙津彦・菟沙津姫を祭る宇佐祖神社などが末社として敷地内に存在する。

また「宇佐八幡宮神託事件」という謎がある。宇佐八幡宮神託事件とは、769年に、道鏡を天皇に就かせようとした称徳天皇(孝謙天皇)が、宇佐八幡宮に和気清麻呂を遣わせて神意を確かめたところ,「王位継承の法則は古来より定まっており、臣を君にすることはできない」との神託が下った事件。なぜここで伊勢神宮ではなく遠く離れた宇佐神宮の神託を仰いだのか、謎が残るという向きがある。

西大門のすぐ下の参道の敷石に「夫婦石」がある。同じ形をした石が敷かれたもので、恋人や夫婦で踏むと幸せになるという。

境内には神用仏、通称「願掛け地蔵」があり、人に見つからずにお願いすると、一生に一度だけ願いを叶えてくれると言われている。樹齢800年といわれる御神木の「大楠」もパワースポットと言われている。

本殿前にある高さ30m、幹回り5mの大楠は、人気アーテイスト「EXILE」のUSAさんが訪れ、アルバムが大ヒットしたことから、パワースポットとして人気を集めている。

大鳥居

神橋を渡ってすぐに現れる大鳥居。鳥居をくぐるときは、神様を敬う気持ちを表わすために軽く一礼する。

夫婦石

若宮神社に向かう石段手前の参道に、三角状の石が隣あわせに並んでいる。

お一人様は両足で、カップルは手を繋いで左右の石を踏むと良いとされています。

宇佐鳥居

上宮手前の鳥居は木製で、宇佐鳥居と称し、大鳥居をはじめほかの鳥居はすべてこれと同じ形式のもの。宇佐古来の形式をもつ鳥居として有名で県の有形文化財に指定されている。

本殿

一之御殿、二之御殿、三之御殿の三棟が横に並ぶ本殿。横から見ると、屋根がM字に見える八幡造りという古い神社形式を伝えることから、国宝に指定されている。檜皮葺きに白壁と柱の朱色のコントラストがひときわ華麗。勅使門の奥に建立されたところでお札やお守りを受け取ることができる。

御霊水

亀山神社をさらに下ると、菱形池につきあたる。そこから右に進むと、三つの井戸を源とする御霊水がある。この霊水で社宝「神息の刀」を鍛えたと伝わる。

菱形池

欽明天皇時代の32(571)年、八幡大神が現れたとされる池。ハスの名所でもあり、7~8月頃は淡いピンク色が池を彩る。

呉橋

西参道にある屋根がついた神橋。かつては弥勅寺の仁王門へと続く橋だった。呉の国の人が掛けたともいわれることからこの名がついた。

御神木の「大楠」

御神徳

【御祭神】

八幡大神(はちまんおおかみ)
八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に
示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。
比売大神(ひめおおかみ)
比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。
神功皇后(じんぐうこうごう)
神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

【ご利益】

仕事運金運縁結び・安産・子育

【ご祈願】

厄除開運・家内安全 ・交通安全 ・病気平癒 ・身上安全 など
祝歳(古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿)
心願成就 ・神恩感謝 ・良縁成就 ・安産祈願 ・商売繁盛 ・事業発展 ・工場安全 ・工事安全 など
海上安全 ・大漁満足 ・選挙当選 ・必勝祈願 ・入試合格 ・学業成就 ・御礼報賽参り ・旅行安全 など
皇室弥栄国家安泰世界平和祈願 ・七五三詣 など

アクセス

上宮開門時間:4月~9月早朝5:30~21:00、10月~3月早朝6:00~21:00(正月期間除く)
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    大分県宇佐市南宇佐2859

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました