静岡県駿東郡:柿田川湧水群

静岡県

柿田川(かきたがわ、かきだがわ)は、静岡県駿東郡清水町を流れる、全長約1.2km、狩野川水系の一級河川。

柿田川湧水群は、静岡県駿東郡清水町伏見の柿田川公園にあり、富士山の伏流水が湧き出す柿田川の源流。湧水量は日に70万トンから100万トン程で東洋一を誇る泉。上水道用水にも利用され、清水町のみならず、周辺の沼津市・三島市・長泉町などにも送水されている。ただし水利権は沼津市水道部が持っている。

水のエネルギーを感じることができるパワースポットです。浄化のパワーで心身をリフレッシュできる。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

柿田川湧水

アクアリウムのように透明感がある湧水は、富士山の伏流水が長い年月をかけてここに流れつき、湧き出ています。柿田川湧水は、高知県・四万十川、岐阜県・長良川とともに日本三大清流とも言われており、1日100万トンの水量を誇るそうです。

湧き間

湧き水が湧き出るポイントは「湧き間」と呼ばれ、柿田川公園にはこの湧き間がいくつもあります。公園内を散策していると、この湧き間を眺めることができますが、第二展望台から見える湧き間は特に美しく、公園一のパワースポットともいわれています。

お水取り

柿田川の湧水は、15度前後という一定した水温、そのまま飲める水質で、ミネラルや炭酸ガス、酸素も豊富に含まれる水は、三島市や沼津市などの飲料水として利用されています。

このお水は、水筒やペットボトルに入れて持ち帰れますので、一緒に来られなかった家族やペットのお土産にも、お持ち帰りもありです。

柿田川湧水公園

静岡県清水町にある自然公園です。国指定天然記念物である「柿田川」の様子を展望台や、散策路を通して間近で見ることができます。

柿田川は、一目見ればその透明感に圧倒される美しい川です。富士山周辺に降った雨や雪が、数千年前の富士山噴火で流失した溶岩のなかを通り、その溶岩の南端である清水町にて地上に湧き出た地下水が柿田川のもととなっています。

貴船神社

もともとは水の神様ですが、恋を祈る神様としても知られているそうです。縁結びのための仕掛けも用意されています。置物に手を触れて、お祈りしてみましょう。

第一展望台

第一展望台から見えるのは、柿田川の源の湧き間です。目視でもはっきりとわかるほど、ぶくぶくと地下水が湧き出し、ゆっくりと柿田川へ流れていきます。初冬には、運が良ければアユの産卵を見ることができるかもしれません。

湧水第2展望台

ここにはデッキが用意されており、下を覗くと、コバルトブルーの湧き水を見ることができます。

どのくらいの深さがあるのか、水が透明すぎて、距離感が分からなくなりそうです。ここは人気のポイントですので、誰も人がいないときに見たいという方は、早朝のお散歩がおすすめです。

アクセス

JR三島駅南口から沼津箱根登山東海バスで(沼商・藤井原(サントムーン経由)行き)
「柿田川湧水公園前」から徒歩で1分
JR三島駅南口から沼津箱根登山東海バスで(柿田・静岡医療センター経由沼津駅行き)
「西玉川」から徒歩で5分
住所    静岡県駿東郡清水町伏見

静岡のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました