静岡県静岡市:久能山東照宮

静岡県

久能山東照宮は、徳川家康公をご祭神としておまつりする全国東照宮の創祀です。
徳川家康公は、天文11年(1542年)12月26日三河国岡崎城(愛知県岡崎市)にお生まれになり、あらゆる艱難辛苦の末、戦乱の世に終止符を打ち、江戸時代260余年にわたる世界に其の比を見ない「泰平の世」の礎を築かれ、学問、産業、文化の基礎を確立し近世日本の発展に偉大な功績を残されました。

神廟の右側にある「金のなる木」です。家康公が「金のなる木」について家臣に訪ねたところ誰も知らず、自ら筆を手に取り3本の木を描き、「よろず程のよ木」「志ひふかき(慈悲深き)」「志やうぢ木(正直)」と書き、「これを常々信用すれば必ず富貴が得られる」という家康の遺話が残されています。木にお金がなるのではなく、人の心の肝に銘じるようなことを仰せられたそうで、この大楠がふさわしいと思われています。出世運、上昇運にご利益があるとされている。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

久能山

久能山は、昇竜型の風水地形をしている。富士山から流れる強い龍脈が、駿河湾で逆流して石段をかけ昇り巡回する「昇龍・回龍」の地形

この地にうまく点穴し墓所を建てれば英雄が現われるとされた。しかし強すぎる地勢のために野心の強い子孫が出る可能性がある。そうならないように徳川家康の遺体は日光山に改葬された。

表参道の石段

久能山下から続く石段や境内からは、駿河湾を一望でき、出世運や上昇運、現状を変えるパワースポットとなっています。

国宝御社殿

御社殿は徳川家康公をおまつりする「本殿」と、参拝をするための「拝殿」を「石の間」で連結させたつくりになっています。これは「権現造(ごんげんづくり)」と呼ばれる様式で、全国に創られた東照宮の原型になったとも言われています。

江戸時代を通じて権現造社殿が普及するきっかけとなった、最古の東照宮として平成22年には国宝に指定されました。

本殿の背後にある神廟(墓所)は西向きに建てられている。「(徳川家康が)死後も西国の大名を睨んでいる」と昔から説明されてきたが、本当の理由は別にある。久能山の西の直線上には鳳来寺(家康の生母が子授けの祈願をした)と岡崎(家康生誕地)がある。これは「太陽の道」を意識したもの。一度死んだ家康が、太陽が再び東から昇るが如く、神として蘇るための秘儀。

金の成る木

境内奥の神廟の横には「金の成る木」と呼ばれる樹齢350年の杉の木があります。金の成る木は金運アップのご利益があるパワースポット。願掛けとして「金の成る木」に硬貨を供えると、金運につながると言われています。

家康公が「金のなる木」について家臣に訪ねたところ誰も知らず、自ら筆を手に取り3本の木を描き、「よろず程のよ木」「志ひふかき(慈悲深き)」「志やうぢ木(正直)」と書き、「これを常々信用すれば必ず富貴が得られる」という家康の遺話が残されています。

つまり「万事程良く」「慈悲深く」「正直に」を常々実践すれば、必ずや富貴を得られるというものです。

御神徳

【御祭神】

東照大権現 (とうしょうだいごんげん)

【ご利益】

立身出世運アップ、上昇運、勝負運アップ、地位向上運アップ

アクセス

久能山東照宮に登る自動車道はございませんので、自動車の直接乗り入れはできません。 ご参拝は「静岡鉄道 日本平ロープウェイ」をご利用いただく方法と「久能山下からの徒歩ルート」があります。
車:東名静岡・清水インターより日本平山頂(約40分)⇒ 山頂より日本平ロープウェイ(5分)
バス:JR静岡駅より、しずてつジャストライン日本平線(約50分)終点「日本平」で下車すると、ロープウェイ乗場入口です
タクシー:JR静岡駅より約30分。料金は約4,200円(小型の場合)
拝観時間  4月1日~9月30日 9:00~17:00  10月1日~3月31日 9:00~16:00
拝観料   無料
住所    静岡県静岡市駿河区根古屋390

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました