福井県坂井市:東尋坊

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
福井県

東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。越前加賀海岸国定公園に属する。

昔、平泉寺には数千人という僧侶がいた。その中にいた東尋坊という僧は、怪力を頼りに、民に対して悪事の限りをつくした。東尋坊が暴れ出すと手がつけられず、誰も彼を押さえることが出来なかった。東尋坊はまさにやりたい放題、好き勝手に悪行を重ねていたので、当然のように平泉寺の僧侶は困り果てていた。また東尋坊はとある美しい姫君に心を奪われ、恋敵である真柄覚念(まがらかくねん)という僧と激しくいがみ合った。そんな寿永元年(1182)四月五日、平泉寺の僧たちは皆で相談し東尋坊を海辺見物に誘い出す。一同が高い岩壁から海を見下ろせるその場所へ着くと、早速岩の上に腰掛けて酒盛りが始まった。その日は天気も良く眺めの良い景色も手伝ってか、皆次第に酒がすすみその内、東尋坊も酒に酔って横になり、うとうとと眠り始めた。東尋坊のその様子をうかがうと一同は目配せをし、真柄覚念に合図を送った。この一同に加わっていた真柄覚念は、ここぞとばかりに東尋坊を絶壁の上から海へ突き落とした。平泉寺の僧侶たちのこの観光の本当の目的は、その悪事に手を焼いた東尋坊を酔わせて、高い岩壁から海に突き落とすことにあった。崖から突き落とされつつ、ようやくそのことに気付いた東尋坊であったが、もはや手遅れ。近くにいた者どもを道連れにしつつ、東尋坊はまたたくまに崖の下へと落ちて行った。東尋坊が波間に沈むやいなや、それまで太陽の輝いていた空は、たちまち黒い雲が渦を巻きつつ起こり青い空を黒く染め、にわかに豪雨と雷が大地を打ち、大地は激しく震え、東尋坊の怨念がついには自分を殺した真柄覚念をもその絶壁の底へと吸い込んでいった。

以来、毎年東尋坊が落とされた四月五日の前後には烈しい風が吹き、海水が濁り、荒波が立ち、雷雨は西に起こり東を尋ねて平泉寺に向ったという。

かつては自殺の名所だったが、近年は「東尋坊タワーが恋愛成就のパワースポットとして注目されている。忍耐力アップ、体力アップ、迷いの払拭、荒波に耐える精神力を授かるとされています。

東尋坊タワー

海抜100m、地上55mからの東尋坊(とうじんぼう)や雄島の眺望を楽しめる展望タワーが東尋坊タワー。北陸随一の大展望台で、展望室2階からは、輝石安山岩が造り出す日本唯一の柱状節理の東尋坊はもちろん雄島、越前海岸、九頭竜川河口、さらに日本海の荒波などを望むことができます。

布袋像

観音様・布袋様の頭を二人で撫でると片思いだった彼・彼女と幸せになる」という縁結びになってるそうです。良縁のご利益、そのほかにも、夢を育て、人格を磨き、円満な家庭を築いて金運を招福するとして、慈恵(いつくしみ)と和合の神様、予知と金運の神様と信仰されています。笑っておられて、どっしりと存在感のある布袋様です。願いを叶えてくださりそうです。

アクセス

JR北陸本線「芦原温泉」から、東尋坊行きバス40分

【住所】福井県坂井市三国町東尋坊

アクセス

えちぜん鉄道 三国駅からバスで15分
住所    福井県坂井市三国町安島64−1

類似のパワースポット

宮崎県西臼杵郡:高千穂峡

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷である。五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)として、国の名勝、天然記念物に指定されている。開運にご利益があるとされています。

峡谷は貸しボートで遊覧できるようになっており、峡谷に流れ落ちる日本の滝百選の一つである「真名井の滝」の至近まで近づくことが出来る。

天孫降臨の舞台として知られ、天岩戸神社、天安河原、高千穂神社などのパワースポットがひしめく。坂本龍馬が新婚旅行に訪れたという霧島温泉、威容を誇る高森殿の杉もほど近い。

詳細はここをタップ

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました