【福井】御神島|パワースポット 御神島

福井県

御神島(おんがみじま)は、福井県三方上中郡若狭町(旧三方町)に存在する島である。

常神半島から西方の沖約500メートル の日本海上にある無人島で、福井県最大の島。大きさは、南北約1キロメートル、周囲約3キロメートル、面積約0.4平方キロメートル、標高約195メートル。

舒明2年(629年)、天皇の勅により島内に、常神大明神(つねかみだいみょうじん)を奉った神社が建立され、以来、地元住民より崇拝されている。

レイライン上のパワースポットと言われる。大漁満足、海上安全、事業成功、厄災除けのご利益があるとされています。

普段よりたくさん歩くパワースポット巡りには、快適で疲れない高機能なスニーカーがオススメ!

☆パワースポット巡りにオススメするスニーカーがこちらです☆

Info

参考URL 御神島(おんがみじま)
住所 〒919-1451 福井県三方上中郡若狭町常神
一覧 福井県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

類似のパワースポット

滋賀県長浜市:竹生島

竹生島

竹生島(ちくぶしま)は、琵琶湖の北部に浮かぶ島。琵琶湖国定公園特別保護地区、国の名勝および史跡に指定されている。古来、信仰の対象となった島で、神の棲む島とも言われる。交通安全、開運厄除、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるとされています。

南部には都久夫須麻神社(竹生島神社)、宝厳寺(西国三十三箇所三十番)がある。竹生島神社は、明治の神仏分離令に際して弁才天社から改称した。竹生島は古くから信仰の対象とされた事から、能の演目や平曲や近世邦楽の楽曲でも取り上げられている。

竹生島の詳細はこちら

愛知県蒲郡市:竹島

竹島(たけしま)は、愛知県蒲郡市の三河湾に浮かぶ小島。三河湾国定公園の中核。

標高22m、周囲約680m、面積約1.9ha。基盤は花崗岩質である。対岸とは約400m離れており、竹島橋によって、結ばれている。

対岸との距離が極めて近いにも関わらず、竹島は暖地性の植生であり、対岸の植物相とは大きく異なるという特異的な環境である。このため、昭和5年に天然記念物に指定された。昭和28年から行われた調査では、238種の高等植物が自生していることが判明した。この中にはサカキカズラ、カゴノキ、キノクニスゲらも含まれる。これらは植物分布上注目すべきものである。

竹島は全域が八百富神社(竹島弁天)の境内である。竹島弁天は日本七弁天の一つとされる。島全体がパワースポットと言われていて、カップルが竹島橋を渡る時は仲良く手をつないで渡ると絆が深まるという。全域が「八百富神社(やおとみじんじゃ)」の境内になっていて、開運・安産・縁結びのご利益があるとされています。

竹島の詳細はこちら

新潟県佐渡市:佐渡島(さどがしま)

佐渡島

佐渡島(さどがしま)は新潟県佐渡市に所在する、新潟県の西方沖に位置する日本海側最大の離島です。

佐渡沖を流れる対馬暖流の影響を受けるため、積雪は本土よりも少なくなります。豊かな土壌と気候を活かした農業や漁業などが営まれている観光名所でもあります。

佐渡島全体が地属性のパワースポットとされています。

佐渡島の詳細はこちら

神奈川県藤沢市:江の島

江の島(えのしま)は、神奈川県藤沢市にある湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島。また、同島全体を指した地名。

四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。

1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。

江の島の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました