岐阜県中津川市:恵那神社

岐阜県

恵那神社(えなじんじゃ)は、岐阜県中津川市にある神社。式内社の恵奈神社である。

創建時期は不明。恵那山は天照大神の胞衣(えな、へその緒のこと)を納めた地であり、かつては恵那山自体が御神体であったという。この胞衣を洗い清めた池が恵那山麓にあるという。やがて神仏習合により、恵那権現とも称されたという。

元々は恵那山山頂が本宮、麓が前宮であったが、1620年(元和6年)に前宮を新たに造営し直したさい、本宮が奥宮、前宮が本宮に変更される。1873年(明治6年)に郷社、1925年(大正14年)に県社となる。

毎年9月29日の本宮の例祭では恵那文楽が奉納される。恵那文楽は岐阜県無形民俗文化財に指定されている。

恵那神社の夫婦杉は、本宮の前にある夫婦杉で、1966年(昭和45年)9月14日に、岐阜県の天然記念物に指定された。左側の夫杉が幹周り6.29 m・高さ47 m、右側の婦杉が幹周り5.48m・高さ46 m。推定樹齢が600~800年で、樹勢は旺盛である。父のような厳しさ、母のような温かさが同時に感じられる非常にエネルギーの高い神社とされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

御神徳

【御祭神】

伊弉諾命(いざなぎのみこと)
伊弉册命(いざなみのみこと)

【ご利益】

開運・恋愛運・出産・子授け・安産・育児 など

アクセス

中津川駅からバスで40分
徒歩で15分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    岐阜県中津川市中津川3786-1

岐阜のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました