岐阜県関市:モネの池

モネの池 岐阜県

モネの池(根道神社)は岐阜県関市の根道神社参道脇にある貯水池。非常に透明度が高く、まるでモネの絵のような世界が見られることから、モネの池と通称されている。深さは約1m、全長約40mほどあり、鯉が泳いでいる。

1980年頃に、高賀山の伏流水を利用して灌漑用に整備された。当初は雑草が生い茂っていたが、1999年に近く花苗業者が除草しスイレンやコウホネを植えた。また、地元住民が自宅で飼えなくなったコイを持ち込んだところ、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池となった。

池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されており、そこからの湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことが原因である。11月上旬~12月上旬にかけては紅葉も一緒に楽しむことができる。縁結びのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

ハートの鯉

モネの池がパワースポットといわれている理由は、自然のエネルギーや命のパワーがある場所なので、ストレス発散効果が期待できることがあげられる。

また、モネの池にはたくさんの鯉がいます。その中でも、ハート模様がある鯉がいます。見つけられると恋愛運が向上するといわれています。

モネの池の魅力

モネの池は観光地として作られた場所でなく、近隣の人たちのお手入れにより今の美しい状態が維持されています。除草を行っている近所のフラワーパーク板取のご主人がスイレンやコウボネを植え、地元の人が自宅で飼っていた鯉を池に放ち、次第と人が集まるスポットになったという経緯があります。

モネの池には高賀山から常に湧水が流れ込み、年間水温14度で一定となっています。湧水は硬水なので、微生物が増えにくいのもモネの池の透明度が高い理由になっています。

さらに人気があるのは、水の色が日の当たり方によって変化すること。インスタ映えする場所として、メディアでも取り上げられて人気が集まり、岐阜の観光スポットのひとつになっています。

アクセス

【車でお越しの方】 美濃IC→国道156号線→県道81号線→国道256号線→関市板取白谷
【交通機関でお越しの方】 JR岐阜駅から岐阜板取線で「洞戸栗原車庫」へ 板取ふれあいバスにのり「白谷あじさい園」で下車 徒歩150mで到着
住所    岐阜県関市板取下根道上448

岐阜のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました