三重県伊勢市:豊受大神宮

三重県

豊受大神宮(とようけたいじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社で、伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つである。一般には外宮(げくう)と呼ばれる。

皇大神宮(内宮)とともに正宮を構成し、両宮を参拝する際は外宮を参拝した後に内宮へ参るのがしきたりとされる。豊受大御神を主祭神とし、相殿神として御伴神三座を祀る。

伊勢の中心にありながら、境内は平清盛が勅使として参った時に冠にその枝が触れたとされる古木「清盛楠」や、初夏には三重県花ハナショウブが咲き乱れる「勾玉池」などの自然が豊富に残される。

境内には多賀宮(たかのみや)、風宮(かぜのみや)、土宮(つちのみや)の3つの別宮(べつぐう、正宮に次ぐ高位の宮)を始め、斎館、神楽殿、神々の食事を調製する忌火屋殿(いみびやでん)、神酒を納めた御酒殿(みさかどの)などの建物があり、外宮の境界を守る四至神(みやのめぐりのかみ)が正宮の前に祀られている。

北御門口鳥居から北西に伸びる道を進むと、伊勢市を含む度会郡の守護神を祀る摂社の度会国御神社、更にその奥に五十鈴川河口を守る末社の大津神社が鎮座する。

正宮は、正殿・西宝殿・東宝殿の3つからなるが、幾重に板垣が巡らされており、拝所からは直接見ることはできない。正殿の背後には御饌殿(みけでん)と外幣殿(げへいでん)が並ぶ。正宮の隣には次の神宮式年遷宮の際に正宮が建てられる御敷地がある。この御敷地は、前回の式年遷宮の時に正宮が置かれていた土地であることから古殿地とも称する。

パワースポットとして知られるのが三つ石(川原祓所)。川原祓所は伊勢神宮の昔の祓所で、今も遷宮の川原大祓はこの場所で行われている。今では埋まってしまったが、昔は宮川の支流がここを流れていた。石の真上に手をかざすと周囲より温度が温かく感じるという。

外宮正殿前の道から、別宮へ向う水路に架かる石橋は、大きな一枚岩でできており、「亀石」と呼ばれている。高倉山古墳の入口の石だったと伝えられており、パワースポットと言われている。

正宮前の御神木、月夜見宮の御神木も、「パワーツリー」として多くの人が触れるため、つるつるになっている。

多賀宮の参道にある地蔵石(寝地蔵)は、一つだけ飛び出た石がお地蔵さんに見えることから人気スポットになっている。衣食住、産業にご利益があるとされています。

表参道火除橋

鳥居にはしめ縄の代わりに榊(さかき)の枝がつけられています。

伊勢神宮の参拝は、必ず外宮(げくう)から内宮(ないくう)の順序で回ります。外宮は左側通行で、内宮は右側通行で歩きます。また、鳥居に入るときは、必ず左足で鳥居をまたいで入ります。

勾玉池(まがたまいけ)

表参道の左側に外宮神苑の池があり、その形から勾玉池と呼ばれている。

6月には花菖蒲が美しく池畔をいろどる。中秋の名月の宵、池畔の舞台で神宮観月会が毎年行われている。池の回りは散策路になっており、南の岸近くには珍木「なんじゃもんじゃの木」がある。

手水舎

神域に入るとすぐ左側にある。手水の作法は、まず柄杓に水を汲んで、左右の手を洗い、次に左の手に水を受けて、口をすすぐ、柄杓から口飲みするのは不作法である。身も心も清め、心静かに参拝する。

清盛楠(きよもりくす)

参道をはさんで手水舎の反対側に楠の大木がある。二本のように見えるが一株で、樹齢900年以上の古木である。その名のいわれは、平清盛(たいらのきよもり・1118~1181)が勅使として参向したとき、冠にさわった枝を切らせたという伝説による。

外宮斎館(げくうさいかん)

祭典のときには、祭主、大宮司、少宮司をはじめ全神職が前夜または前前夜から参籠(さんろう・心身を清めるためのおこもり)する。斎館の建物に続いて行在所(あんざいしょ・天皇陛下ご参拝のときのご用にあてられる)がある。

祓所(はらえど)

第一鳥居内祓所。奉幣祭のときのお祓いの行事が行われる。神聖な場所とされています。

外宮神楽殿(げくうかぐらでん)

ご祈祷の受付やお札・お守りなどの授与を行い、参拝記念のご朱印もいただける。現在の神楽殿は、元の御殿(明治26年築)を全面改築して、平成12年(2000)12月14日に竣功開殿祭が執り行われた。

ご参拝の折には、大御神さまの広大なご神恩に感謝の誠をささげ、国家安泰や家内安全などのご祈祷を申し出られ、ご神徳を仰がれることをお勧めする。

ご祈祷は「御饌(みけ)」と「大々御神楽(だいだいおかぐら)」の2種類に分かれ、御神楽は舞楽(ぶがく)の奏行が行われる丁重なご祈祷である。授与所では、お札(剣祓・角祓・海幸大麻)やお守り(守祓・袋入守・鈴守・交通安全守・安産守・学業守・海幸守)、神宮の暦などが授与されている。

九丈殿(くじょうでん)

表参道から見て手前(右側)の建物である。豊受大神宮の摂末社遙祀の祭典が行われる。建物正面の長さが、その名称に残っている。

五丈殿(ごじょうでん)

表参道から見て奥(正面)の建物である。雨天のときの修祓(お祓い)や遷宮諸祭の饗膳(きょうぜん・儀式としての祝宴)などが行われる。建物正面の長さ(一丈約3m)から五丈殿といわれる。

大庭(おおば)

九丈殿と五丈殿の前の石原は大庭といわれ、遷宮祭の玉串行事や幣帛点検の儀式が行われる。手前左隅(西南)の榊は一本榊または廻榊(めぐりさかき)と呼ばれる。その昔は、お祭りが終わると神職が冠につけていた木綿(ゆう・清浄になった姿を表象する)を、この榊の枝にかけたといわれる。

多賀宮遙拝所(たかのみやようはいしょ)

正宮前の参道に、注連縄(しめなわ)を張った小石敷きの一面が南面してある。豊受大神宮の第一別宮である多賀宮を遙拝する所。時間に余裕があれば正面の参道を進み、丘の上にお鎮まりになっている多賀宮を参拝する。

川原祓所(かわらはらいしょ)

多賀宮遙拝所の近く(西南)に、注連縄を張り丸石3個を並べた石積みがある。俗に三つ石と呼ばれ、遷宮諸祭のお祓いがここで行われる。「三ツ石」には穢れを祓う効果があるとされています。

亀石(かめいし)

多賀宮に進む参道の途中、中の御池にかけられている1枚の大石の橋がある。亀に似ているところから亀石と呼んでいる。多賀宮への石階をのぼり、参道の隅に角度によっては地蔵さんの顔に見える石がある。「寝地蔵さん」と呼ばれている。健康・長寿のご利益があるとされています。

御神徳

【御祭神】

豊受大御神(とよけのおおみかみ)

【ご利益】

衣食住、産業発展 など

アクセス

近鉄・JR伊勢市駅から徒歩で5分
近鉄宇治山田駅から徒歩で8分
拝観:1月~4月 5:00~18:00
拝観:5月~8月 5:00~19:00
拝観:9月 5:00~18:00
拝観:10月~12月 5:00~17:00
拝観料   無料
住所     三重県伊勢市豊川町279

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました