島根県松江市:松江城

松江城 島根県

松江城(まつえじょう)は島根県松江市殿町にある城。別名・千鳥城。国の史跡に指定されている。縁結びにご利益があるとされています。

日本の12箇所に現存する、江戸時代以前建造の天守を有する城郭の一つである(現存天守)。桃山様式の天守は5層6階で高さ30メートル、国の重要文化財に指定されている。また中国地方の県庁所在地に所在する唯一の現存天守でもある。松江城には人柱伝説がある。

天主台の石垣を築くことが出来ず、何度も崩れ落ちた。人柱がなければ工事は完成しないと、工夫らの間から出た。そこで、盆踊りを開催し、その中で最も美しく、もっとも踊りの上手な少女が生け贄にされた。娘は踊りの最中にさらわれ、事情もわからず埋め殺されたという。石垣は見事に出来上がり城も無事落成したが、城主の父子が急死し改易となった。人々は娘の無念のたたりであると恐れた。そのため、天守は荒れて放置された。その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという城の伝説が残る。また、城が揺れるとの言い伝えで城では盆踊りをしなかった。

松江城址(現在の松江城山公園)には、松江神社、松江護國神社、城山稲荷神社の三つの神社がある。天守閣の柱にハート形をした木目があり、若い女性などから縁結びのパワースポットとされている。

松江神社

松江神社は、島根県松江市の松江城の二の丸にある神社。

住所 島根県松江市殿町1

松江護國神社

松江護國神社(まつえごこくじんじゃ)は、島根県松江市の松江城址にある神社(護国神社)である。

明治維新後の国難に殉じた旧出雲国・隠岐国出身の英霊2万2千余柱を祀る。島根県内には他に濱田護國神社がある。

住所 島根県松江市殿町1-15

城山稲荷神社

城山稲荷神社(じょうざんいなりじんじゃ)は、島根県松江市の松江城址にある神社。二千体の石狐があり、小泉八雲が愛した神社として知られる。五穀豊穣、商売繁盛、出世開運、武運長久などにご利益があるとされています。

松江藩の基礎を築いた、松平直政が勧請した神社で、名工・小林如泥作の木狐等を社蔵としている。日本三大船神事・ホーランエンヤでも有名。

アクセス

公開:8:30~18:30 本丸 4~9月
公開:8:30~17:00 本丸 10月~3月
休業:年中無休
住所:島根県松江市殿町1-5

島根のパワースポット一覧

類似のパワースポット

兵庫県姫路市:姫路城

姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市(播磨国飾東郡姫路)にあった城。

江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、ユネスコの世界遺産や日本国の特別史跡となっている。日本さくら名所100選に選定されている。

姫路城西の丸は、徳川家康の孫娘、千姫ゆかりの場所。その渡櫓の城外側は幅1間の廊下が約240m連なっており「百間廊下」と呼ばれている。城外に向けて石落としや狭間、鉄砲の煙出しの窓も付設されている。城内側は侍女達の部屋がある。

西の丸の化粧櫓は、千姫が忠政の嫡男・忠刻に輿入れする際の化粧料10万石で1618年(元和4年)に建てられたものである。戦前の修理までは、化粧櫓にはその名の通り当時の化粧品の跡が残っていたという。

姫路城の詳細はこちら

神奈川県小田原市:小田原城

小田原城(おだわらじょう)は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての平山城で、江戸時代には小田原藩の藩庁があった。

1870年(明治3年)に廃城となり解体。1923年(大正12年)には関東大震災で残っていた石垣も崩れ落ちてしまいましたが、1960年(昭和35年)に天守閣が復興。その他、常盤木門(1971年)、銅門(1997年)、馬出門(2009年)と復元されました。現在の小田原城跡は、その一部が、国の史跡に指定されています。

この小田原城趾にあるイヌマキの木が、パワースポットとして知られている。目通り3.1m、樹高15m。小田原市指定天然記念物。商売繁盛などのご利益があるとされています。

小田原城の詳細はこちら

静岡県浜松市:浜松城

浜松城(はままつじょう)は静岡県浜松市中区にある城。野面積みの石垣で有名。歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」といわれ、出世のパワースポットとして知られる。

15世紀頃に築城された曳馬城を前身はとし、徳川家康が元亀元年(1570年)に入城、浜松城へと改称した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い以後、江戸時代を通じて徳川家譜代大名の居城となった。明治6年(1873年)の廃城令により、三の丸、二の丸の宅地化が進められたが、天守曲輪と本丸の一部は免れ、昭和25年(1950年)の浜松城公園開設に至った。

現在の天守閣は資料館として使われており、家康を初めとした当時のゆかりの品々を見学できるほか、城の周辺は緑が溢れ、桜の名所としても名高く、シーズンには花見客で溢れ返る。訪れると出世のご利益があるとされています。

浜松城の詳細はこちら

大阪市中央区:大阪城

大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城である。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、現在は「大阪城」と表記することが多い。通称「太閤さんのお城」。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つ。出世開運のご利益があるとされています。

大阪城の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました