【山口】角島大橋|インスタ映えするパワースポット 角島大橋

角島大橋 山口県

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。

完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長であったが、2005年(平成17年)2月8日に沖縄県の古宇利大橋(全長1,960m)が開通し抜かれた。商売繁盛や開運厄除け、良縁などのご利益があるとされています。

キュアアミド

インスタ映えスポットとしても人気な「角島」

山口県の北西端、本土から2kmの沖合に浮かぶ人口約800人の小さな島。この島へ渡る全長1,780mの角島大橋は、CMや映画のロケ地にもなった山口県随一の絶景と言われ、元気をチャージできるパワースポットです。

橋の両側に整備された展望公園は撮影スポットとして人気です。眺めは本土側からが特におすすめ。橋周辺には、海を眺められるカフェや灯台などの見どころが点在しています。

橋を渡ったところにある角島大浜海水浴場は、真っ白な砂浜と深みのある青い海のコントラストが美しく、毎年多くの海水浴客で賑わっているスポットです。

下関の強力パワースポット

赤間神宮(あかまじんぐう)

赤間神宮(あかまじんぐう)は、山口県下関市にある神社。幼くして亡くなった安徳天皇が祀られている。元来は寺院であり、神仏分離以前は阿弥陀寺といった。「耳なし芳一」の舞台であり、平家一門を祀る塚があることでも有名。

安徳天皇80代安徳天皇・言仁(ときひと)は、高倉天皇と平徳子(建礼門院)の皇子で、平清盛の孫にあたる。そのため、平清盛ら平氏が外戚として権力を振るうことができた。治承・寿永の乱 源平合戦の際に、平氏とともに都落ちして西国に赴き、壇ノ浦の戦いにおいて、入水した。水難除けや家内安全、安産祈願のほか、浄化のパワーもあるとされています。水難除けや家内安全、安産祈願などのご利益があるとされています。

赤間神宮の詳細はこちら

亀山八幡宮

下関市の中心に位置しているのが亀山八幡宮です。

御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后であり、さらに仁徳天皇と武内宿祢も祀られています。

この地は清浄な地であり、当時行教が訪れたときに神託があったため、行宮が設けられるようになり、これが起源とされています。

開門海峡を長年にわたって鎮護してきた由緒ある神社であり、歴代の当主より崇敬を受けていました。下関の総鎮守であり、長門国三宮とされたのです。

そんな亀山八幡宮ではさまざまなご祈願を受け付けています。特に交通安全、安産祈願にご利益があるとされています。

また、一部では野球の神様がいるとして注目されるスポットでもあります。

亀山八幡宮の鳥居には野球のボールが挟まっているのです。昭和33年にボールが挟まってしまってから現在までずっとそのままの状況になっています。

験担ぎとして訪れた下関商業が実際に甲子園で連覇を果たしたことから名物となり、亀山八幡宮は野球の神様と呼ばれるようになりました。

境内には大きな「ふくの像」があるのも特徴です。本来は「ふぐ」なのですが、縁起を担ぐために「ふく」と呼んでいます。このようにユニークな点の多いのが亀山八幡宮の特徴です。

巌流島

巌流島は開門海峡に浮かんでいる小さな島であり、宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った場所として有名です。

歴史的な逸話が多く残されていて、さまざまな小説や映画などの舞台となったことから人気の高いスポットとされています。

実際に島を訪れると巌流島の像が建てられています。決闘したとされる地はキレイに整備されていて、散策道や休憩所もあり、観光しやすいです。

開門海峡を望むことができ、さまざまな船が行き交う様子を見て楽しめるでしょう。人工海浜があり、こちらは決闘を行った場所が再現されています。

当時、武蔵が乗ったとされる小舟まで再現しているため、ファンであれば必見です。巌流島には憩いの広場があり、申請をすればバーベキューを楽しむことができます。

そんな巌流島では、大きなパワーを得ることができるでしょう。かつての偉大な剣豪が勝負した場所を訪れることで勝負運を高めることができます

また、精神統一や活力増強といった効果も期待できるとされています。

豊功神社

旧藩主である毛利家の霊屋として1868年に創建されたのが豊功神社です。

境内から満珠・干珠を望むことができ、初日の出のスポットとして知られています。祭神は歴代の毛利藩主に加えて応神天皇と武内宿禰が祀られています。

本殿は昭和44年に焼失してしまったのですが、平成13年に再建されました。境内には龍神社と呼ばれる龍のめずらしい石柱の宮があります。

かつて豊浦の海は竜宮界の窓口であると考えられていて、竜宮のお使いである龍が信仰されていたため、龍神社が建てられました。そのため、豊功神社にある龍神社をお参りすることで龍の御神徳を仰ぐことができます。

竜宮へと開かれている神域に位置するため、豊功神社を訪れるだけでも大きなパワーを受け取ることができます。豊功神社では御遷座85年祭の際に実際に龍神様が出現されたとされています。

御神徳

元乃隅神社の御祭神

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
生産の神、五穀豊穣の神

元乃隅神社のご利益

穀豊穣、商売繁盛、良縁祈願、子宝、学業成就

Info

参考URL 角島大橋|見る・遊ぶ|【公式】山口県観光/旅行サイト
アクセス JR山陰本線特牛駅からバスで15分
JR山陰本線滝部駅からバスで25分
中国自動車道下関ICから車で70分
住所 〒759-5331 山口県下関市豊北町大字神田
一覧 山口県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました