山口県美祢市:秋吉台・秋芳洞(あきよしだい)

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
秋吉台 山口県

秋吉台(あきよしだい)は山口県美祢市の中東部に広がる日本最大のカルスト台地です。

カルスト地形とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。
化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象である。

Wikipediaより抜粋

秋吉台の石灰石は、およそ3億5千万年前に南方の海でサンゴ礁として誕生し、それから長い年月を経て現在のようなカルスト台地を形成しました。

現在に至ってもカルスト台地は形成を続けています。

広大なカルスト台地、秋吉台の全体が太古から地球のエネルギー受ける日本屈指のパワースポットです。

秋吉台の中でも特にパワースポットとして注目されているのが鍾乳洞「秋芳洞」です。

秋芳洞

秋芳洞
秋芳洞(あきよしどう)は秋吉台の南麓に開口する日本屈指の大鍾乳洞です。

鍾乳洞としては日本最大規模となります。

洞内は1年を通して平均気温が17℃と保たれているそうです。

秋芳洞のように「外界から空気が抜ける洞窟は気の循環が良い」とされています。

鍾乳洞において天井の高い場所や、水の貯まる場所は特に強力なエネルギーがあると考えられています。

秋芳洞は日本屈指の水属性パワースポットです。

長者ヶ森

長者ヶ森
一帯が海だったカルスト台地の中で唯一の原生林が長者ヶ森です。

「昔、この地に住んでいた長者がいつしか没落し、かつての長者屋敷の跡が森になった」と伝えられています。

山の福の神がついた金持ちの女性と、貧乏な男性が結婚をして、贅沢に慣れた主人の行いに立腹した福の神が、米を全部虫や蛾にして立ち去ります。
福の神が立ち去った後は長者屋敷も失い、一家は行方知れずになりました。

それから幾年月、かつての長者屋敷の跡に森ができたのがこの「長者ヶ森」だと伝えられています。

カルスト台地の中でも力強く育つ原生林の生命力・エネルギーを感じることができるパワースポットです。

秋吉台の読み方について

秋吉台・秋芳洞はかつて「滝穴」と呼ばれる洞窟でした。

昭和天皇がまだ皇太子であった頃(大正15年)滝穴を御探索されました。

そして滝穴を「あきよしどう」と命名しました。

改名は伝えられ「秋吉洞」と地名から命名したと思われましたが、確認したところ「秋芳洞」だったそうです。

しかし、この地域は昭和30年4月に合併し「秋芳町(しゅうほうちょう)」と命名されました。

地元住民が「秋芳洞(しゅうほうどう)」と呼んでいたものが今でも残っているため「しゅうほうどう」「あきよしだい」の二つの呼ばれ方があります。

秋芳洞の属性

秋芳洞のパワースポット属性は水属性とされています。
水属性は「浄化力」を持っている人です。
轟々と我を突き通す「火属性の人」を調整・制御する事に凄く長けています。
また水はいかようにも様子を変えます。そのため、優しさ・冷徹さを併せ持っています。自分でも気づいていないですが相反する2つの事象が自分の心の中に混在している人です。

これからの人生を過ごす上で大事なのは、力のバランス。
何事もどちらか一方に偏るとあなたの良い面が消されて、結果が発揮されない可能性があります。
水は色んな姿に形を変えますよね?それと同じように、どんな風にもどんな方面にも並列的に物事をこなすのが大事です。

アクセス

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました