山口県山口市:山口大神宮

山口県

山口大神宮(やまぐちだいじんぐう)は、山口県山口市にある神社である。旧社格は県社。永正17年(1520年)、大内氏30代目の大内義興が伊勢神宮の神霊を勧請して創建したものである。

永正5年(1508年)6月、大内義興は山口に逃げてきた前将軍・足利義稙を奉じて上洛し、以降11年間京都に滞在し、管領代として幕政を執行した。その間の永正11年(1514年)、義興は伊勢神宮に参拝し、伊勢神宮を山口に勧請したいと思ったという。義興は、永正15年8月に京都を発って山口に帰ったが、帰国してすぐに伊勢神宮を勧請するための準備を始めた。伊勢神宮を勧請するための土地を探して、現在地の高嶺東麓を社地に定め、すぐに社殿建立を開始した。永正17年4月に社殿が落成し、天皇に伊勢神宮勧請の許可を求め、同年6月29日、後柏原天皇の勅許を得て伊勢神宮の神霊を勧請、鎮座した。

当初は高嶺神明と称していたが、後柏原天皇から「高嶺太神宮」、後陽成天皇から「伊勢」の勅額が授けられ、高嶺太神宮、今伊勢と呼ばれるようになった。江戸時代まで、伊勢神宮より神霊の勧請を受けたのは日本中で当社だけであった。江戸時代に伊勢信仰が盛んになると、特に西日本各地から多くの参拝者が訪れるようになった。今も参道脇には多くの「日参一万日成就」の石碑が残る。

昭和3年、県社に列せられ、社名を高嶺神社とした。昭和22年に現在の山口大神宮に改称した。延命長寿・病気平癒・安産延寿のご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

神楽殿

伊勢神宮と同じ素木神明造りという建築様式で作られています。賽銭箱の向かって右側には古いお札などを回収する箱も。神楽殿を過ぎると、いよいよ外宮・内宮へと続く階段が見えてきます。ここから一段と空気が神聖なものに変わるのがわかります。

内宮

山口大神宮の敷地内で最も高い場所にあるのが内宮です。屋根の形が特徴的な建物には、主祭神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を始め天手力男命(あまのたぢからおのみこと)萬幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)が祀られている神聖な場所。手前には別宮、荒祭宮と摂社、恵比寿社が配されています。

外宮

内宮の手前には外宮が広がっており、豊穣の神様として知られている豊受大御神などが祀られています。階段の脇には奥社へと続く参道があり、そこから岩戸社に行くことが可能。

今までと違い少し険しい参道ですが、神様からのパワーを受けて上りきった先には、たどり着いた人にだけ与えられる特別なエネルギーを感じることができるといわれています。

鷺岩(さぎいわ)

本殿に向かう階段の途中に、石でできた大きな灯籠のようなものがあります。これは江戸時代にあった祇園社の神事で使われていた鷺岩で、神事の際、鷺舞が終わると岩の上に鷺の頭や羽が置かれたことからこの名が付いたとされています。

多賀神社

山口大神宮の敷地内には多賀神社と呼ばれる神社があり、延命長寿の神様が祀られています。この神社のお参りの作法は、一般的な神社のように鈴を鳴らすのではなく、代わりに太鼓をたたくというもの。澄んだ空気のなかに響き渡る太鼓の音は、とても神聖な音色に聞こえます。

安産石

多賀神社の隣には安産石と呼ばれる霊石があり、なでると健康、病気平癒、安産などに御利益があるといわれています。こちらは代理での祈祷もできるとのこと。その場合は、御利益を受けたい人の名前を唱えながら石をなでて祈祷しましょう。

高嶺稲成神社

山口大神宮の敷地内、多賀神社の隣には末社である高嶺稲成神社があり、商売繁盛や農作物の守護、三難(火、盗、病)を取り去る神として古くから信仰されてきました。以前は今の神楽殿のあたりにあったとされており、その後今の場所に移され、1923年に改築され現在の形になったといわれています。

御神徳

【御祭神】

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
天手力男命(あまのたぢからおのみこと)
萬幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)
豊受大御神(とようけのおおみかみ)

【ご利益】

延命長寿・病気平癒・安産延寿・五穀豊穣 など

アクセス

JR「新山口駅」からバスで30分「県庁前」バス停から徒歩で5分
JR「新山口駅」から列車で20分
JR山口線「山口駅」からバスで5分
「県庁前」バス停から徒歩で5分
中国自動車道小郡ICから車で20分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    山口県山口市滝町4-4

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました