山口県山口市:今八幡宮

山口県

今八幡宮(いまはちまんぐう)は、山口県山口市の神社。創建年代は不明だが、鎌倉時代にはすでにこの地にあったとされる古社。

大内氏が山口に移る以前からあったといわれる。文亀3年(1502)、朝倉八幡宮を今八幡宮と合併、室町後期に造建したのが、現在の社殿であると伝えられる。30代大内義興が1503年に建立したものといわれる。向拝付三間社流造りで、屋根はこけら葺き。周囲には多くの蟇股があり、これらは室町時代特有の平面的なものから、次の時代の厚みのあるものに移行する過程を示しており、図案も天体、宝珠などがあり珍しいものとなっている。

また大内氏最後の正統、31代義隆が寄進した銅製の巨大な鰐口も収蔵。いずれも国の重要文化財。商売繁盛のご利益があるとされています。

PR
最強ホワイトケア。高純度の美白クリーム。 効果を追求する化粧品ブランド llongy

今八幡宮のパワースポット・見どころ

今八幡宮は、応神天皇の御子で仁徳天皇の弟である宇治皇子を祀った神社でしたが、大内氏が山口にきた時に応神天皇が祭神となりました。

今八幡宮大内氏の館の鬼門(北東)に位置することで山口を守護する産土神社とされ、「山口総鎮守」の称号を与えられました。

1503年に大内義興が立て替えた社殿は、国の重要文化財に指定されています。

大内氏滅亡後も、引き続き毛利氏により当宮は篤く保護され、神領が寄進されたほか、修繕の際の費用は藩より支弁されている。また一門の病気平癒祈願が行わるなど、当宮に対する尊崇が判る。

御神徳

今八幡宮の御祭神

誉田別命(ほんだわけ)
足仲彦尊(たらしなかつひこ)
大帯比売命(おおたらしひめ)
玉依姫尊(たまよりびめ)
菟道稚郎子命(うじのわきいらつこ)

今八幡宮のご利益

安産・厄除け・家内安全・車祓(交通安全)・旅行安全・学業成就・合格祈願・縁結び商売繁盛 など

行事

安産祈願

妊娠五ヶ月目の戌の日を選び腹帯を着ける慣わしで、多くはこの日に神社で安産祈願をし、帯を清めてもらいます。出産の無事を祈るとともに、母としての自覚を得るときでもあります。無事に出産した後は、お礼参りの意味でもある初宮詣に参り、神さまに子を見せて報告します。

初宮詣

男児は生後32日目、女児は33日目に地元の氏神さまへお参りし、誕生の奉告と健やかな成長を祈願します。祝い児は、夫の母(姑)が抱き、産着は妻の実家が調達することが古くからの慣わしです。

百日祭(ももかのまつり)

生後百日が経ったころ、神社に参り順調な経過を奉告します。元々、昔は出産直後の乳児の死亡率が高かったために生後百日を迎えると、あとは安心であるということでお礼参りの意味合いが強いものでした。ご事情により初宮詣りに来られなかった方はこの日にお参りください。

十三詣り

4月13日(またはその直前)に、数え年(現在は満年齢も多い)13歳を迎えた女子が行う人生儀礼のひとつです。心身ともに少女から女性へとそれぞれ移り変わる大切な時期であり、また多くを吸収する時期でもあることから氏神さまに知恵を授かるという風習です。子どもの厄除けの意味もあり、心身の健全を祈願します。男の子が行うこともありますが、女の子の方が多く見えます。また、帰り道は、振り返るとせっかく授かった知恵を落とすので、後ろを見てはいけないと言われています。

車祓い(交通安全祈願)

新たに車を乗り換えた際に、車のお祓いを受けて自動車のナンバーや所有者名を祝詞で奏上してもらう交通安全の祈願です。

新車の場合はもちろん、中古車でも、前の所有者から切り替わったお祭りを致します。新車・中古車とも、「精神的なお清めを行わないと、何だか気持ちが悪い」と言われるのは、日本人としてのごく正常な感覚です。また、「車のお祓いを受けよう」と思われたそのお気持ちが、安全運転を意識している立派な心がけにもなります。

合格祈願

合格祈願や学業成就とは、まず本人の健康あってのことです。平素の無事を常に見守ってくださる氏神さまを無視して、ご利益のみを期待して遠方まで足を運んでも、そのときだけ頼って来る人を、そこの神さまはどう思われるでしょうか。まずは住んでいる地元の氏神さまにお参りすることが大切です。

地鎮祭

新たに家を建てるときには、土地の神さま(産土神・鎮守さま)のお祓いを受け、土地の諸霊を鎮め、工事の安全を祈願します。日本人の考えでは、大地は神さまのものであり、人々はそれを借りていると考えます。

アクセス

JR山口線上山口駅から徒歩で10分
JR新山口駅からバスで30分「自衛隊前」バス停から徒歩で1分
中国自動車道山口ICから車で15分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    山口県山口市八幡馬場22

山口のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました